費用と相場の関係で確認する水漏れ対応のサービス

生活に欠かせない水回りの設備ですが、急な水漏れの場合に業者を選ぶいくつかのポイントがあります。安心して修理を依頼できる業者を選ぶ際、修理費用は選択の大きなポイントとなるでしょう。水漏れ修理の料金システムは、基本料、作業料、そして、部品費となります。別途、出張費、休日や深夜料金を請求するところもあります。水漏れ箇所にもよりますが、安心して修理依頼できる業者の基本料の相場は、5000円くらいとなっています。そこに、作業費や出張費などが加わります。多少の幅はありますが、合計の相場が8000円~10000円の業者だと、駆け付けるスピード、信頼性といった一定の水準をこえたサービスがあり、安心して任せることができるでしょう。見積もり料金がかかってしまう場合もありますが、事前見積もりはしっかり確認してから、契約後に作業を開始する業者は信頼できる業者といえるでしょう。

水漏れの箇所ごとの修理代の相場も知っておきましょう

水漏れの修理は、洗面所、台所、お風呂場の水道の蛇口の修理から、トイレの水漏れによるトイレタンクの取り換え、または配管工事を要してしまうほど大がかりになってしまう場合もあります。よくあるのは蛇口のパッキンの劣化ですが、このように簡単な部品の交換で済めば、すべて込みで1万に収まるでしょう。蛇口自体を取り換えなければならなかったり複雑な部品の交換は、修理代も1万円から高くても3万円となります。配管修理になると、修理作業代が1万円ほどで、配管の交換だと、3000円~10000円といったところです。トイレや浴室の配管工事になると、壁や床を取り除く必要があり、10万円以上かかってしまうこともあります。ユニットバスから水漏れしてしまった場合は、かなりの高額になるので、いくつかの業者に見積もりを取りましょう。

安心して水漏れ修理を業者に依頼するためにすべきこと

水漏れ修理業者を探してみるとわかりますが、各社の料金体形の表示が基本料金だけになっていたり、サービスが明確でなかったりして、なにかとトラブルが多かったりします。お住いの自治体が認定した水道局指定工事店で実績のある業者であれば、安心して依頼できますが、その場合でも、必ず事前見積もりでしっかりと総額を明確にしてもらいます。その内訳も含めて納得した上で契約をします。納得いかない場合に、キャンセル料が必要になったり、出張費が取られたりトラブルもありますので、電話連絡の際にも見積もりを聞き、キャンセルについても聞いておきます。水回りの業者は数多くあり、名前が広く浸透していても、遠くて出張費がかさんだり、対応に問題があったり、工事の質が悪かったなんてこともありうるので、知人やインターネットなどでの口コミ、評判も参考にして、いざという時のために探しておくといいでしょう。