依頼すべき水漏れに対応できる修理業者の特徴

水漏れで修理業者に依頼するとき、依頼する水漏れ以外で部品交換や新型設備を提案されたり、出張費などを提示価格に追加で換算するようなこともあり、信頼できる業者を選ぶためには注意することがいくつかあります。電話連絡の際に機器形状や現状況を話して費用見積もりの概算を出してもらいます。家に来てもらって現場確認をしてもらった後、作業開始前にも作業内容と見積もりを提示してもらい、金額に納得してから作業開始してもらうようにします。作業後、高額な部品交換が必要になる不測の事態が発生することもあります。その際は交換部分を自分の目で確かめることが必要です。交換部分が交換必要であるか疑問に思う場合は、応急処置のような対応が可能なのか、低料金で対応できる方法があるかを確認してみてください。

修理業者を選ぶときのポイントとは

修理業者を選ぶ際に家のポストに入っているマグネットが思いつきますが、その前に水道局指定工事店を探してみてください。各都市町村の水道局から指定されている水道局指定工事店に依頼する事で、トラブルも少なくなります。時間に余裕があるのであれば、複数店の見積もりを出してもらい、比べてみる事が必要です。また、指定店でも運営会社が大手か個人事業規模の会社かも確認が必要です。大手の作業者は下請け業者となりますが、不当請求や重大な失敗をし、クレームが重なってしまうと最悪協力店契約解除などに発展してしまう可能性もある為、悪意を持った営業を受ける確率が低くなります。トラブルが起こった際、水漏れの被害を止める為に止水栓を閉めたりしますが、業者に電話で依頼する場合、来てもらうまでの間の初期対応の方法を聞いてみても依頼会社の誠実感がわかります。電話で親切な対応をしてもらえるかどうかも、判断基準になるでしょう。

水漏れ工事の相場はどのくらいなのか

一般的に水道業者の緊急修繕料金は5千円から3万5千円ほどと言われています。水漏れ修理で部品代などを含めると5千円から10万円を超すこともあります。水漏れ修理で5千円から1万円くらいです。そこに部品代が別途必要になります。水栓の部品であれば、対応部品で済みますが、本体が交換となった場合、本体の費用がプラスされます。また、トイレの修理の場合はトイレタンク内の部品代などがプラスされます。水漏れの原因が詰まりの場合は、5千円から1万5千円ほどで済みますが、詰まり場所や詰まり除去に使う道具の種類によって料金がプラスされる事もあります。給水管や給湯管などの修理の場合は5万円から15万円までかかる事もあります。こちらは修理する長さや範囲などによって料金が変わってきます。緊急を要するときですが、必ず見積もりをとり、なぜその様な作業が必要なのかを作業者の方に聞く事をオススメします。